KOCHI ART PROJECTS (高知アートプロジェクト)

KOCHI ART PROJECTS 2020 採択事業


  • 赤岡てらこや2020 「あかおかJIZOづくり」

    2020年09月12日 ~ 2020年12月06日

    【JIZOづくり】
    令和2年9月12日(土)・9月22日(火・祝)・10月3日(土)
    【街並み展示】
    令和2年12月1日(火)~12月6日(日)

    赤岡のまちを見守り、人の心をいやす「JIZO」を作り町に並べる企画。香川で活動中のデザイナー得丸成人氏を講師に迎え、和紙の張り子JIZOづくりてらこやを開催。作り方を動画配信し、県内外にも呼びかけ町に並べるJIZOを募集。集まった作品は12月1日~6日まで赤岡横町の路地にズラッと並びます。
    ※材料も形も自由です。
    ものづくりは楽しいし、冒険です。「あかおかJIZOづくり」によっていろんなJIZOが作られ、新しいものの見方も生まれます。冬の夏祭りが中止になり寂しい赤岡横町で、個性豊かなJIZOたちに出会えるのを楽しみにしています。


  • 襖学(ふすまなび)

    2020年09月13日 ~ 2020年12月06日

    【開催日時】
    令和2年9月13日(日)10時〜
    令和2年10月10日(土)10時〜
    令和2年11月22日(日)13時〜
    令和2年12月6日(日)13時〜
    ※変更がある場合にはホームページにて告知 

    絵金の芝居絵屏風で知られる香南市赤岡町。芝居絵屏風と同様の構法でつくられる「襖」の張り替え工程をワークショップで体験します。今回張り替えるのは築150 年になる初代赤岡村長の旧邸宅「赤れんが商家」の襖。どんな歴史が紐解かれるのか!表具や土佐和紙、屏風について学ぶミニ講座も開催。オンライン配信も予定。
    赤れんが商家は、ボランティアにより保存・再生が続けられているみんなぁの学びの場です。土佐の技を受け継ぐ上田薫風堂の上田さんを講師にお招きして開催します。土佐の伝統文化の魅力を一緒に学んでみませんか!


  • 五感であそぶ おち新世界体験

    2020年10月24日 ~ 2020年11月01日

    越知町には、神秘的な魅力をもつ横倉山や、清流仁淀川をはじめとした豊かな自然、それらを活かしたアクティビティがあります。今回、五感をキーワードに「越知町初」のさまざまなワークショップやアクティビティを開催。越知町に訪れたことがある方、また、初めて訪れる方にとっても楽しめる内容となっています。
    「越知町の豊かな資源と何かを掛け合わせたら、きっと面白いものが出来上がる」という妄想を、地域内外の方々と共に形にします。ワークショップ等の詳細はSNSで発信しますので、そちらをご覧ください。


  • 映画「いきたひ」上映 と監督による講演及びフラ「祈り」の賛助出演

    2020年10月24日 ~ 2020年10月25日

    【会場】
    10月24日(土)
    ①桜座 (高岡郡佐川町甲346番地−1)
    10月25日(日)
    ②つなーで (土佐市高岡町乙3451-1)
    10月25日(日)
    ③高知県立美術館ホール (高知市高須353-2)

    NHK「あしたも晴れ!人生レシピ」で紹介された魂を揺さぶるドキュメンタリー映画です。末期がんの夫を自宅で看病しながら、生還を信じ、その闘病生活を撮影し続けたのですが、願いは叶わず夫は47歳で他界。人生のラスト49日を、どう生き切るか。天国に旅立った大切な人との出会い直し、看取り直しが出来る、妻と夫の「天地合同制作映画」です。
    3会場ラストの高知県立美術館ホールでは、上映後、マカナ・オカ・アイナ代表の増田真理さんによるフラ「祈り」が上演されます。当日は訳詞をナレーションにて同時に入れて頂きます。神々や大自然などへの畏敬の念や感謝を表すフラの心の言葉や心の鼓動を感じていただければ幸いです。


  • いしはら音楽祭 ~紅葉彩る三宝山地福寺コンサート~

    2020年10月31日

    土佐町石原地区にある三宝山地福寺は秋になると見事な紅葉で彩られます。その地福寺で土佐町在住のジャズピアニスト・鈴木琴栄さん、そして、瀬戸フィルハーモニー交響楽団弦楽四重奏の演奏をお届けします。紅葉に包まれたお寺の静謐な雰囲気の中、心に響く素敵な音楽を聴きながら秋のひとときをお過ごしください。
    (気候条件等により、紅葉状況が変動する場合があります。)
    イベント会場となる三宝山地福寺を彩る紅葉は一見の価値あり!美しい紅葉とプロによる演奏を一度にお楽しみいただけます。当日、会場に来られない方のために、オンラインでの有料ライブ配信を予定しています。


  • まつお演劇まつり

    2020年11月03日

    足摺半島にある松尾地区は、江戸時代から日本有数のカツオ漁の拠点として繁栄してきました。地区の中央に鎮座する「松尾天満宮」には土佐清水市の指定文化財となっている「廻り舞台」があります。この「廻り舞台」を会場として、地区の伝承を基にした創作劇の上演と、舟唄などの地区に伝わる芸能の披露を行います。
    天満宮の拝殿が「廻り舞台」。しばらく廻ることもなく静かな時を重ねていたこの舞台を廻してみたい、そんな想いから劇を創ることにしました。それに連れて新たな人の輪も廻っていったらよいなと願いながら。


  • 第二回 いっとひょう沈下橋アートプロジェクト

    2020年11月14日 ~ 2020年12月14日

    四万十川最古の沈下橋である一斗俵沈下橋と周辺地域に口伝でのみ伝わっていた河童物語。昨年度のプロジェクトで発掘された地域資源を題材に、造形アーティストと地元劇団が独自の視点でリサーチと作品製作を行い、現地をフィールドとした野外展示と野外発表を行います。
    様々な外部人材が関わり新たな光景が生み出され、周辺住民・町内外に高い評価をいただいた前回プロジェクト。今回さらに地域が参画しながら造形と演劇、どんな光景・アクションが産まれるのか乞うご期待です。


  • ウマジアートブリッジvol4. 馬路村をフィールドにしたアーティストインレジデンス ー発掘される地域の魅力ー

    2020年11月14日 ~ 2020年11月15日

    馬路村・杉の瀬橋の上で開催するアートイベント「ウマジアートブリッジ」では、馬路村をフィールドにしたアーティストインレジデンスにより制作された作品やパフォーマンスをお楽しみいただけます。また、村の若手作家による魚梁瀬杉の工芸品、挽きたて珈琲やスイーツなどの販売もあります。
    アーティストが滞在する9月頃より村で起こる出来事はSNSにて発信していきます。
    山は美しい稜線を描き、川の水が奏でる音に心が洗われていく。杉の瀬橋で会いましょう。


  • 土佐和紙未来学校プロジェクト2020

    2020年11月20日 ~ 2020年11月23日

    小学生を広く公募し、アーティストと共に演劇やダンスを創作します。いの町にある奥田川親水公園には、絶滅危惧種「ベニオグラコウホネ」や、絶滅寸前種「ナガエミクリ」が生育しており、それらの地域の自然について学び、特産である和紙を小道具などに使って最終日に地域のお祭りで短い作品を発表します。
    演劇やダンス経験したことのない人も大丈夫です。新しいことにトライしてみたい人や、人前で発表したり表現するのが好きな人、たくさんのご応募お待ちしてます!


  • 懐かしい未来を土佐清水から発信! 車に乗って鑑賞する廃校映画館

    2020年11月22日

    高知県の端っこ土佐清水市で「車に乗って鑑賞する廃校映画館」を興します。“新しい生活様式”に対応し三密を避けながら、大勢の人たちと、ワクワクと感動を共有するこの文化体験は、ミドル世代には懐かしさを、若者世代には新しさを、もたらす“懐かしい未来”のカタチです。
    本イベントは、お車で校庭へ入場し、音声はFMラジオのカーステレオを利用頂きます。家族、カップル、友達と、好きな食べ物や飲み物を持ち寄って、いっぱい笑って、泣いて、語り合ってお楽しみください。


  • 海辺の冬フェス2020

    2020年11月29日

    開催日時は現在未定です。
    詳細はHPをご覧ください。
    https://www.sandwichparlour.com/
    ヤ・シィパークの芝生広場で開催する音楽フェス。県内でプロとして活動するミュージシャンを中心に、高校生・大学生バンドなど5組程度の出演を予定している。そのほか、飲食店の販売ブースを設け、レジャーシートを持ち込んで、おとなもこどももゆったりと楽しめるイベントとする。
    昨年は事情により中止となりましたが、今年こそは!と準備を進めています。出番がほとんど無かったこの夏までに貯まったエネルギーをバクハツさせるので、一緒に楽しみましょう!


  • Artist in residence Kochi 2020

    2020年12月01日 ~ 2020年12月15日

    アーティストが地域に滞在し、地域住民との交流や有形無形の文化資源との出会いを通じて、その歴史、文化、風土について学び、創作を行うアートプロジェクトです。今回は写真家を招聘し、須崎市にて滞在・交流・創作活動を行い、登録有形文化財である「すさきまちかどギャラリー/旧三浦邸」にて展示を行います。
    いつもの見慣れた風景も写真家の独創的な視点によって全く違う見栄えになる事が多々あります。須崎市の様々な風景がどのような写真になるのか?!ぜひ楽しみにお越しいただければ幸いです!


  • 土佐を想う箏 ~紡ぐ~ Concert

    2020年12月06日

    箏を中心とした邦楽演奏会で、高知を題材とした曲などを演奏します。箏(和楽器)と中国二胡との共演で互いの音楽の交流をはかります。一般の方から参加者を募り、ワークショップを行い、練習の成果を演奏会で発表します。
    最近では、邦楽を実際に聴いたり、触れることが少なくなっています。ワークショップで、箏に触れてもらい、邦楽をより身近に感じてもらえると幸いです。


  • 高知県被曝者の肖像、遠洋漁業の記憶2020

    2020年12月12日 ~ 2020年12月13日

    1954年太平洋マーシャル諸島ビキニ環礁で水爆実験で被曝した高知の元マグロ漁船員。この事件が再び明らかになったのは、31年後の1985年幡多高校ゼミナールがフィールドワークで乗組員の被曝証言を得た事によるものです。被曝者としてだけでなく、一人の人間、漁師としてのドキュメンタリー映画を制作、上映します。
    今再び被曝した元マグロ漁船員と遺族の証言を映像で記録する事が、今の事件として更新し、引き継ぎ、思考する事に繋がると考えています。